当院で採用しているホワイトニングシステムでのホワイトニングを初めて体験した時(2023年7月)のお写真、感想、解説をリアルにお届けいたします!

参考症例写真<実体験レビュー>

術前

①トランセントフラッシュホワイトニング後(10分照射)

②追加ボーダーレス後(追加5分照射)

<症例解説&感想>

こちらは私が施術を受けた時のお写真です。
マウスピース矯正を行なっているので、着色がつきやすいです。非常に黄ばみが強く、術前は色見本の15番くらいです。
実はこの施術を受ける2ヶ月前に一般的な薬剤使用のホームホワイトニングも数日ですが行っております。

コーヒーが大好きなので、術後の飲食制限が困難、かつ、沁みる症状が出始めたので、ホワイトニング効果が出る前に中断してしまいました。


①の写真は、光照射を10分間行った後の写真です。たった10分間だけでしたのであっという間に終わりました。

そして効果も一目瞭然です。

しかし、まだ黄ばみが残っている印象ですね。

特に、歯茎の近くのキワの部分と、歯と歯の間の部分の黄ばみが残っています。


②のお写真は、①で残った歯茎のキワ・歯と歯の間の黄ばみまでトーンアップするため、

通常行う歯茎ガードを除去してキワの部分が見えた状態で行うホワイトニング(トランセントボーダーレス)を追加でを5分行った後のお写真です。

黄ばみがさらになくなり、矯正のためにつけている歯の表面の突起物(樹脂)も白くなっています!感動。。。。


このくらいの効果を得るためには、従来の薬剤を使用したホワイトニングでは最低3〜4回程度の通院が必要と思われます。
薬剤使用のホワイトニングを同日に何回も行うことはできません。

歯へのダメージリスクが大きくなるからです。
そのようなことをしたら、術中は局所麻酔を併用し、術後は沁みるだけでなく、鎮痛剤が必要になる程の痛みが出てしまいます。


 光でホワイトニングをするこのシステム(トランセントフラッシュホワイトニング)は、
歯の内部着色へ直接アプローチをするので歯にダメージを与えません。


術後の食事制限がないのも魅力の一つです。普段のライフスタイルのままでホワイトニングを受けることができます。最高!!!


 次に、施術を受ける前に少し心配だった施術時の熱感についてです。

医療用高出力パルスの青色LED光を歯に直接当てるので、歯への熱刺激が心配される点でした。

機械の名前「Cool Brightトランセントフラッシュ」にもある通り、

この機械にはとても優れた冷却器がついています。

歯の面と裏側から10〜15度で歯を冷やし、光を照射するのです。

なので、少し温かいかな?と感じる程度でした。


 術後は、全く沁みません。感動でした。

日本人に多いのですが、私の歯は非常に薄く、幼少期からアイスがかじれません。

すごく沁みやすい、従来の薬剤使用のホワイトニングには不向きな歯です。

「こんなに白くなったにも関わらず全く沁みない!」

これまでのホワイトニングの概念が一気に覆りました。

以前の私と同様、

ホワイトニングに対してネガティブなイメージがある方、

重度のテトラサイクリン歯で色を改善するには歯を削って被せ物をするしかないと諦めてしまっている方、

マリエクレール歯科にご相談ください☆

(こちらのページに使用しているトランセントホワイトニングに関するお写真は、表参道歯科矯正クリニックIucentにて施術を受けた時のお写真です。平野先生、貴重なお写真の提供ありがとうございました。)